プログラマーってこんな人

憧れのプログラマーへの道についてですが、プログラマーとはどんな人のことをいうのでしょうか。最近では、システムエンジニアやコーダー、ディレクター等様々に細分化されているこの職業ですが、憧れのプログラマーへの道について考えてみましょう。
一口にプログラマーと言っても、ソフトウェアのシステムを組む人や、Excelのマクロを組む人、Webのシステムを作る人、社内ネットワークを作る人等様々です。そして、プログラマーになりたいと思ってその勉強を始めると、基本的な知識の組み合わせの応用力を求められていることを痛感できます。

プログラマーになりたい、と思っても、実質実務についている方から聞くと独学で覚える人が殆どです。とは言っても、ある程度の基礎知識がなければ独学で勉強しても無意味になってしまいます。
そこで、プログラミング言語として必要なCプログラミング等を勉強する人が多いのです。難しい言語を使っても作ることができますが、簡単な言語を用いてプログラミングをすることもできます。
そして、簡単な言語を使ってプログラミングされているものは、実はそう珍しくも有りません。難しい言語だと、応用を考えるのが大変難しくなってしまうのですが、簡単な言語だとプログラミングの幅も広く色々考えることができるのです。
実際、第一線で活躍している人から話を聞くと、プログラマーになるのに資格は必要となるところが多いですが、殆どが独学であることが多く、ある一定のレベルに達したら、自分で勉強をするのがセオリーだとか。プロラミングというぐらいなので、自分で色々組み合わせて作れるようにならないと意味がない、ということのようです。
サンプルコードを片手に、まずは言語の仕組みを理解しなくては、コードを作る意味が有りません。ところで、Webのプログラミングもソフトウェアのプログラミングも、仕様は違うようですが、背景の知識が同じことが多いです。